"賃貸探しは不動産屋へ行く前からすでに始まっているもので、貴方の希望エリアや条件を決めましょう。
これら希望を具体的にメモしておくことにより、不動産屋でスムーズに物件探しをすることが出来ます。賃貸物件の更新料というのは、特に法律で明記されているものではありません。
また更新料を支払った場合、不動産屋の収益になるのではなく、物件の大家さんや管理会社に支払われます。

 

更新料の手続きを不動産屋に代行してもらうことによって、その代行料を家賃の半月分を、大家さんが支払うこととなります。
つまり、不動産屋と大家さんにとっての更新料は、定期的な収入の一つということになるのです。賃貸契約というのは一般的には2年間というのが基本とされています。
契約が満了する2年後に再度契約を更新する場合には、一般的に家賃の一ヶ月分を支払う必要があります。"



<お役立ちガイド>賃貸の契約は二年毎に更新ブログ:190915

減量に限らず、
生活していく上で私たち人間にとって
水分補給はとても重要なことです。

その水分補給ですが、
減量中は、
特に水分補給を心がけておく必要があります。

減量中、水分補給が重要なのは、
肉体の代謝を維持するためです。

肉体は水分バランスを保つことで
正常な代謝を維持することができます。

水分不足になれば、
肉体の代謝が低下して痩せにくくなります。

だから減量中は
水分補給が重要となるのです。

その他にも、
肉体の中の水分量が不足すると、
体温調節能力や心臓血管系の機能の低下などにつながる恐れがあるので、
普段の生活よりも
意識的に水分を補給することが大切だと言えます。

水分補給については、
減量している・していないに関わらず
1日に2〜3リットルは摂った方が良いとされています。

減量中であっても
1日の目安は2〜3リットルで問題はありませんが、
こまめに水分を摂ることを心がけましょう。

ただしジョギングなどの有酸素運動を行う日は、
水分が多く消費されるので、
3〜4リットルは水分を補給するようにした方が良いみたいです。

水分補給のポイントについては、
一度にたくさん飲むのではなく、
200〜300ml程度飲むようにしましょう。

午前中、起きた時は
肉体の中の水分量が不足しがちになっているので
水分補給が大切です。

ご飯中は
満腹感を得やすいので
ご飯量を抑える効果もあります。

運動後、入浴後は
水分が多く失われるので、
しっかり水分補給しましょう!


このページの先頭へ戻る