"賃貸探しは不動産屋へ行く前からすでに始まっているもので、貴方の希望エリアや条件を決めましょう。
これら希望を具体的にメモしておくことにより、不動産屋でスムーズに物件探しをすることが出来ます。賃貸物件の更新料というのは、特に法律で明記されているものではありません。
また更新料を支払った場合、不動産屋の収益になるのではなく、物件の大家さんや管理会社に支払われます。

 

更新料の手続きを不動産屋に代行してもらうことによって、その代行料を家賃の半月分を、大家さんが支払うこととなります。
つまり、不動産屋と大家さんにとっての更新料は、定期的な収入の一つということになるのです。賃貸契約というのは一般的には2年間というのが基本とされています。
契約が満了する2年後に再度契約を更新する場合には、一般的に家賃の一ヶ月分を支払う必要があります。"



<お役立ちガイド>賃貸の契約は二年毎に更新ブログ:191007

厳しさとやんちゃさを兼ね備えた父親、
そして、穏やかな、どこかお茶目なお母さんの元で
ぼくは育ちました。

家には、色紙に書かれた家訓ならぬ、
父親のお気に入りの言葉が書かれた色紙が
所狭しと家の壁に貼られていました。

たくさんのことをお子様に残したかった父親。
父親の教えや決まりごとの意味は、そのときは難しくて分からなくても、
大人になるにつれて理解できるようになっていました。

だけど、一つだけわからないものがありました。

「1食2膳」
食事1食につき、ごはんを2杯以上食べなさい…
というものでした。

「残さず食べなさい」という躾もありましたが、
それに追加して、なぜ「1食2膳」?

体型などが気になるお年頃の時期は、
とても嫌な決まりごとだったのです。

むしろ、ごはんをお茶碗半分にしたい…
そう感じたことも何度もありました。

ごはんを2杯食べないことが見つかろうものなら、
不機嫌になる父親。
「お前らがしっかり食べないと、働いている意味がないだろう!」
「そんなことなら、働かんぞ!」

なんで、機嫌が悪くなるの?
だからって、どうして働かなくなるの?
当時のぼくには、怒られていることに気をとられて、
父親の思いが分かりませんでした。

しかし、少し巻き戻してみると
答えは明らかでした。

父親は、ぼくたち家族がたくさん食べることで、
働く意味を感じてきた人だったのです。

なので、
ぼくたちが食欲のないときには、
働く意味を感じられなかったのでしょう。

父親もお母さんも戦後間もない頃に生まれ育ったので、
その時代背景を考えれば、
今のように飽食の時代ではありませんでした。

だからこそ、
家族に充分にごはんを食べさせることが家族の幸せであり、
父親にとって意味あることだったのですね。


このページの先頭へ戻る