<お役立ちガイド>貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう

<お役立ちガイド>貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう


<お役立ちガイド>貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう
"適当に賃貸物件を契約してしまうと、後になって「住みにくい」「イメージと違う」など全く理想的では無いと後悔をしてしまいます。
引越しが迫っている時に適当に決めてしまいがちですが、長期間住む自宅なのですからじっくりと探していきましょう。不動産屋におきましては普通に条件を伝えれば問題無いと思っている人が多いことでしょう。
確かに条件を全て伝えることは大変重要なことですが、あまりにも無茶な条件では相手にもしてくれませんのでお気をつけ下さい。

あなたが自分の希望をそのまま担当者に伝えることで、その営業の人はなるべくその希望に近いものを紹介してくれることでしょう。
条件を曖昧にして広げすぎてしまうと不動産屋も困惑してしまうわけに、良い物件と出会い辛くなってしまいます。不動産屋に入店をしますとまずは席に案内され、担当の営業の人から条件を聞いてきます。
貴方の条件の伝え方によってその後の物件探しに大きな影響を与えることになるのでご注意ください。"



<お役立ちガイド>貴方の条件はしっかりと担当者に伝えようブログ:200524

わしには
リウマチを二十才で発病した叔母がいる。

その叔母は親父のいもうとで、
わしの記憶にある初対面の印象は、
親父が手を貸しながら車から降り、大きな瞳を細くし、
ゆっくりとおだやかに話す、キレイなお姉さんだった。

幼いわしにとって、
キラキラした瞳で誰にでも優しく接する叔母は、
「見て見て、わしのおばさんだよ」と
自慢してまわりたい素敵な存在だった。

だが、歩いて外出することは少なかった。
今思えば痛みのことなど理解できるのだが、
五才くらいのわしにとっては「外に行くのが嫌いなんだ」と思い、
一緒にショッピングに行ったり、遊びに行って欲しかったが
あまり積極的には誘わなかった。

小学生になり、
わしは学校の事などを叔母に語った。
わしのたわいもない話に、
叔母は面倒臭そうな顔一つせず、逆に何十分も話の相手をしてくれた。

そんな叔母が大好きで、
一緒に外出したいと強く感じた時、
わしは質問した。
「どうして外に行かないの?一緒にショッピングに行きたいな!」

すると、叔母は
「足が痛くてね、長い時間立っていられないんだ、ごめんね…」
と言った。

わしは「ごめんね」と言った叔母に
「しまった、悲しい気持ちにさせてしまった」と感じ、
さみしそうな表情をしていないかと思いながら、
叔母の顔をのぞくと…

叔母はいつものニコニコ顔で、話を続け、
「わしのこの痛みはね、他の人が痛い思いをしないように、
神様がわしだけにくれた痛みなんだよ。
あんたやあんたのおとうとやいもうとが
元気で痛い思いをしないで済むと思うと、
この痛みへっちゃらなんだよ。
だからあんたはわしの分まで元気でいてね!」
と言った。

今から10年以上も前のやりとりだが、
わしにはこの言葉が胸に刻まれている。
<お役立ちガイド>貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう

<お役立ちガイド>貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう

★メニュー

<お役立ちガイド>敷金について理解しておこう
<お役立ちガイド>一般的な礼金に必要な金額
<お役立ちガイド>賃貸の契約は二年毎に更新
<お役立ちガイド>物件情報豊富で信頼性のある大手不動産屋
<お役立ちガイド>あまり良い物件が見つからないフランチャイズ
<お役立ちガイド>来客数が少ないから地域密着型が狙い目
<お役立ちガイド>貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう
<お役立ちガイド>家賃設定を超える物件は見ない
<お役立ちガイド>日当たりなどの方角は自分自身で確認
<お役立ちガイド>携帯電話が圏外のマンションがある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸探し大作戦