<お役立ちガイド>貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう

<お役立ちガイド>貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう


<お役立ちガイド>貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう
"適当に賃貸物件を契約してしまうと、後になって「住みにくい」「イメージと違う」など全く理想的では無いと後悔をしてしまいます。
引越しが迫っている時に適当に決めてしまいがちですが、長期間住む自宅なのですからじっくりと探していきましょう。不動産屋におきましては普通に条件を伝えれば問題無いと思っている人が多いことでしょう。
確かに条件を全て伝えることは大変重要なことですが、あまりにも無茶な条件では相手にもしてくれませんのでお気をつけ下さい。

あなたが自分の希望をそのまま担当者に伝えることで、その営業の人はなるべくその希望に近いものを紹介してくれることでしょう。
条件を曖昧にして広げすぎてしまうと不動産屋も困惑してしまうわけに、良い物件と出会い辛くなってしまいます。不動産屋に入店をしますとまずは席に案内され、担当の営業の人から条件を聞いてきます。
貴方の条件の伝え方によってその後の物件探しに大きな影響を与えることになるのでご注意ください。"



<お役立ちガイド>貴方の条件はしっかりと担当者に伝えようブログ:191210

昨日、ママ方の祖母が亡くなりました。
祖母はおいらが大学生ぐらいのときに、
認知症の症状が始まり、
引き取ってしばらく一緒に同居していました。

当時のおいらは
頭の中では祖母が認知症と理解しているのですが、
心では理解できずに、
きつく当たってしまったこともしばしばありました。

その後、運良く老人ホームに入ることが出来、
ホームの方もとてもよくしていただいていたのですが、
体の調子を崩してからはどんどん症状がひどくなって、
こうなると、女の子であるママが行ってもわからなくなり、
一人では食事も取れない状態にまでなっていました。

そんな状況で、
おいらは、最後の最後まで祖母に優しくする機会を
失ってしまったような気がします。

本当はお見舞いに行っただけでも、
その思いは通じているのかもしれませんが、
心の中では「ごめんね」の気持ちの方が
いっぱいだったのかもしれません。

祖母が亡くなったとき、
おいらはちょうど仲間と旅行中でした。
家族が気を使ったのか、
全て式を済ませてからおいらのところに連絡が来たんですね。

その連絡を受けたおいらには、
祖母が亡くなったというとても悲しくショックな気持ちと、
ちょっと寂しい気持ちがありました。

祖母が亡くなったところで、
すぐに行けるかわからないけど、
家族なんだからすぐに連絡してくれても良いのにと…

そこで、おいらは思い出したことがありました。
「役立たず」とか「自分がいなくても良いんだなぁ」という感情です。

子供の頃のおいらは、
いつもこの感情と一緒でした。

「おいらがいなくても誰も何も困らないし、悲しくもない」
と言う感じですね。
存在していても存在しなくても、誰も何も気が付かない感じです。

<お役立ちガイド>貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう

<お役立ちガイド>貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう

★メニュー

<お役立ちガイド>敷金について理解しておこう
<お役立ちガイド>一般的な礼金に必要な金額
<お役立ちガイド>賃貸の契約は二年毎に更新
<お役立ちガイド>物件情報豊富で信頼性のある大手不動産屋
<お役立ちガイド>あまり良い物件が見つからないフランチャイズ
<お役立ちガイド>来客数が少ないから地域密着型が狙い目
<お役立ちガイド>貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう
<お役立ちガイド>家賃設定を超える物件は見ない
<お役立ちガイド>日当たりなどの方角は自分自身で確認
<お役立ちガイド>携帯電話が圏外のマンションがある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸探し大作戦