<お役立ちガイド>あまり良い物件が見つからないフランチャイズ

<お役立ちガイド>あまり良い物件が見つからないフランチャイズ


<お役立ちガイド>あまり良い物件が見つからないフランチャイズ
"「この物件なら少しくらい予定賃料を上乗せしても良いかな」と思いがちですが、それは大変危険なことです。
賃貸探しで予定賃料の引き上げは最終手段であり、とにかくまずはじっくりと収入に見合う賃貸を探しましょう。フランチャイズ不動産屋におきましては、物件の大家さんを直接知らない事が多くなっています。
「友人同士はNG」「子供はNG]などの条件を見落としてしまい、大家さんの審査で落とされてしまうケースが多くあるのでご注意ください。

フランチャイズ不動産屋は別の会社から紹介している物件の情報を抱えているので、良い条件のものはいくどありません。
物件の情報伝達が遅いことから、すでに契約されてしまっている物件を紹介してしまうケースもあるワケです。フランチャイズ不動産屋というのは大家さんと直接やり取りをされている物件というのはほとんど持っていません。
いわゆる流通物件と呼ばれている物件が多く、白黒で印刷されたフォーマットも定められていない書類を利用して物件探しをしていきます。"



<お役立ちガイド>あまり良い物件が見つからないフランチャイズブログ:200221

一般的におやつやショートケーキは、
「減量の大敵」と言われています。
これは、客観的に見ると「真実」だと思います。

しかし「減量の大敵」は、
本当に減量中は、
一切摂ってはいけないものなのでしょうか?

そこでおれは、おやつについて調べてみました。

まず、おやつを食べた時の体質の動きを追ってみると…

糖分が多いおやつを食べると急激に血糖値が上がり、
インスリンと言うホルモンが分泌され
その作用によりその血糖を脂肪に変えて、脂肪細胞に貯め込みます。

血糖値は急激に上がるので、食べたその時はお腹が膨れますが、
インスリンが大量に分泌されると、その血糖を脂肪に変えて貯め込むので、
今度は急激に血糖値が下がります。
血糖値が下がると、今度は空腹感が襲ってきます。

つまり、おやつやショートケーキなどの糖分が多い食品は
「その場の満腹感はある」
「しかし、脂肪に貯め込みやすく」
「すぐにお腹が空いてしまう、腹持ちの悪い食品」
なのです。

だから「減量には大敵」の食品なんですね。

また砂糖の甘みは、
脳の摂食中枢に直接刺激を与えるものであり、
食べた記憶が強く脳裏に焼きつきます。

これによって、
実際にはおやつが空いていないのに、
テレビのCM等を見ただけで食べたくなってしまう
「認知性食欲」も刺激されやすいのです。

これが「間食」の引き金になっています。

特に女性の体質は、
妊娠や出産と言う「大仕事」をこなすため、
その様な場合に備えて、
普段からエネルギー貯蔵しようする本能が強くなっています。

これがいわゆる「デザートは別腹」的な現象の理由なんです。

<お役立ちガイド>あまり良い物件が見つからないフランチャイズ

<お役立ちガイド>あまり良い物件が見つからないフランチャイズ

★メニュー

<お役立ちガイド>敷金について理解しておこう
<お役立ちガイド>一般的な礼金に必要な金額
<お役立ちガイド>賃貸の契約は二年毎に更新
<お役立ちガイド>物件情報豊富で信頼性のある大手不動産屋
<お役立ちガイド>あまり良い物件が見つからないフランチャイズ
<お役立ちガイド>来客数が少ないから地域密着型が狙い目
<お役立ちガイド>貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう
<お役立ちガイド>家賃設定を超える物件は見ない
<お役立ちガイド>日当たりなどの方角は自分自身で確認
<お役立ちガイド>携帯電話が圏外のマンションがある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸探し大作戦