"賃貸物件探しで最も大切なことは、自分自身の条件であり、この条件が決まっていない状態で不動産屋へ行ってはいけません。
不動産屋では貴方の条件を元にして物件を探してくれますので広く浅い条件を決めておきましょう。敷金というのは決して物件を紹介をしてもらった不動産屋に支払うというものではありません。
不動産屋に敷金を一時的に預け、最終的には物件の大家さんや管理会社に渡され管理をしているのです。

 

民法で敷金と呼ばれているのは、借り手の債務を担保するということのために、貸し手に渡すものと決められています。
賃貸契約が満了を迎え、債務不履行が無ければ全額返還され、もし費用が必要になった時にはその敷金から差し引かれることと決められているのです。敷金というのは、あなたが管理者である大家さんに一時的に預けておくお金ということになります。
例えばお風呂とトイレは別々という条件を変更して、ユニットに妥協することで、かなりの数の物件数に広がります。"



<お役立ちガイド>敷金について理解しておこうブログ:191015

皆さん
ぐっどいぶにんぐー

減量中には
肉よりも脂肪が少ない魚のほうがいいのは
いまさらいうまでもありませんね。

ですが魚といってもいろいろあります。
その中でも
減量に効果的なのは、白身魚です

確かに
一般的には肉よりも魚のほうがカロリーは低めです。
ですから
減量中に積極的に
魚を食べるのは間違いではありません。

だからといって、もちろん食べ過ぎは禁物です。
しかも、どんな魚でも食べていいと言う訳ではないんですよね!

減量中、食べてはいけない魚とは…

注意したいのが
比較的高カロリーのものがあるということなんです。

例えば、
いわし・さば・さんま・ぶり・トロを
思い浮かべてもらえればわかるのですが
これらはみんな脂がのっていますよね。

だからこそおいしいのですが、
やはり脂が乗っている分
カロリーも高く、脂肪も多いので
減量には不向きな魚です。

せっかく肉を減らして魚を食べるようにしても
正しいカロリー知識がないと
減量の努力も無駄になってしまいますよ。

そうならないためにも
減量のために魚を食べるなら白身魚が一番!
低カロリーで脂肪分が少ないので
減量効果も高いですよ。

また、白身魚以外でも
まぐろの赤身やかつおなんかは脂肪分が少ないですし、
他にもいか・えび・ほたてなんかもカロリーは低めですから
減量中でも問題なし!

ということは、
減量中でも、
夕食を食べに
お寿司屋さんに行っても大丈夫って事ですね。

脂ののったネタを避けるのは、かな〜りつらいですが、
ほとんどのものが食べられるし、お酢も身体にいいですもんね。

――――――以上で今日の報告を終わります。

このページの先頭へ戻る