"賃貸物件探しで最も大切なことは、自分自身の条件であり、この条件が決まっていない状態で不動産屋へ行ってはいけません。
不動産屋では貴方の条件を元にして物件を探してくれますので広く浅い条件を決めておきましょう。敷金というのは決して物件を紹介をしてもらった不動産屋に支払うというものではありません。
不動産屋に敷金を一時的に預け、最終的には物件の大家さんや管理会社に渡され管理をしているのです。

 

民法で敷金と呼ばれているのは、借り手の債務を担保するということのために、貸し手に渡すものと決められています。
賃貸契約が満了を迎え、債務不履行が無ければ全額返還され、もし費用が必要になった時にはその敷金から差し引かれることと決められているのです。敷金というのは、あなたが管理者である大家さんに一時的に預けておくお金ということになります。
例えばお風呂とトイレは別々という条件を変更して、ユニットに妥協することで、かなりの数の物件数に広がります。"



<お役立ちガイド>敷金について理解しておこうブログ:200225

みなさまは、
「寒天減量」というのをこ存知ですか?

寒天は
食物繊維が豊富に含まれていて、
カロリーがほとんどなく、
少量でもが腹満足するということで
減量に最適な食材といわれています。

これを積極的に取り入れて、
減量するという方法が「寒天減量」です。

寒天はからだにも良いので特に問題はないのですが、
必要以上に摂りすぎると良くないことも起こります。

一日に摂る食物繊維の量があまりに多すぎてしまうと、
過剰摂取によって、激しい下痢などを起こしてしまうそうです。

わしの仲間は、
寒天のほかにもいろいろと食物繊維を摂っていたため、
過剰摂取になって、
大変な目にあってしまったと言ってました。

食物繊維は、
発がん性の物質や有害なミネラルを
からだから排出してくれる働きがあります。

しかし、過剰に摂取してしまうと、
有害物質と一緒に、
からだに必要なビタミンや鉄分までも排出してしまうのです。

すると、ミネラルが不足してしまい、
貧血や味覚障害などを起こしてしまうこともあるんですよね。

成人の一日に必要な食物繊維の量は
約20g〜25gということですが、
現代人は13g〜18gほどしか摂取できていないそうです。

ですから、その不足分を補うために、
一日7g〜8gを目安として寒天を摂ればいいということですね。

寒天減量をするときには、
このような過剰摂取のこともよく考えて、実践してくださいね。

規則正しくバランスの良いご飯を心がければ、
きっと成功すると思いますよ。


このページの先頭へ戻る