"賃貸だからこそ交通の便の良い物件を選ぶことが大切であり、様々なアクセス手段を確認しておきましょう。
電車やバスはもちろんのこと、深夜遅く帰ってくることも考えてタクシーの状況もチェックしておく必要があります。礼金の一部というのは大家さんが不動産屋に支払うこととなり、それは言わば紹介料という形になります。
大家さんがわざわざ自腹を切って不動産屋へ紹介料を支払う習慣は無く、礼金が紹介料として習慣になっているのです。

 

入居者から2ヶ月分の礼金をいただいたとしましたら、1ヶ月分を不動産屋に支払うというのが一般的なこととなります。
つまり賃貸物件の契約者が大家さんに変わって、不動産屋に対して紹介料を支払っているということになるのです。礼金というのは、戦後の焼け野原で家の無い人達が「大家さん、家を貸してくれてありがとうございます」という、お礼の意味から始まりました。
東京や埼玉など関東を中心として礼金制度が広まり、その名残りとして現在でも残っているのです。"



<お役立ちガイド>一般的な礼金に必要な金額ブログ:180722

運動すると汗をかきますが、
汗は運動によって熱くなった体を冷ます役割をもっています。

水分補給をせずに運動を続けると、
体内の水分が減少して脱水症状を起こしやすくなりますので、
のどがかわいたと感じる前に、しっかりと水分を補給しましょう。 

1週間程度の運動なら水だけでも充分ですが、
1週間以上の激しい運動の場合は、
汗で失われるミネラルを補給できる
スポーツ飲料やミネラルウォーターがオススメ!

スポーツ飲料は体液と近い成分のため、
失われた水分やミネラルをすばやく吸収して疲労回復を早めます。
スポーツ飲料には、
アイソトニック飲料とハイポトニック飲料の2種類があります。

この2つの違いは糖分濃度です。
糖分濃度が体と等しいアイソトニック飲料と比べると、
濃度が低いハイポトニック飲料のほうが速やかに水分を吸収できます。

つまり、運動前にはアイソトニック飲料、
運動中や運動後はハイポトニック飲料のほうが適しているんです。

ハイポトニック飲料は、
アイソトニック飲料を水で2〜3倍に薄めたものでも代用できますし、
ミネラルウォーターでも汗で逃げてしまう水分やミネラルを補給できます。

ですが、激しい運動で大量の汗をかいた場合は、
塩分と糖分をプラスして飲みましょう。

温度は5〜15℃くらいが適温です。
冷たすぎると体に負担をかけますし、
熱すぎると体温を下げることができません。

また、汗をかいた後のビールは、
アルコールの利尿作用もあるため水分補給には役にたちません。
お酒を飲む前には水分をしっかりとりましょう。

運動するときは「かわく前に飲む」が鉄則。
自分にあった飲み物を見つけ、頻繁に水分補給を心がけてくださいね!

このページの先頭へ戻る