"賃貸だからこそ交通の便の良い物件を選ぶことが大切であり、様々なアクセス手段を確認しておきましょう。
電車やバスはもちろんのこと、深夜遅く帰ってくることも考えてタクシーの状況もチェックしておく必要があります。礼金の一部というのは大家さんが不動産屋に支払うこととなり、それは言わば紹介料という形になります。
大家さんがわざわざ自腹を切って不動産屋へ紹介料を支払う習慣は無く、礼金が紹介料として習慣になっているのです。

 

入居者から2ヶ月分の礼金をいただいたとしましたら、1ヶ月分を不動産屋に支払うというのが一般的なこととなります。
つまり賃貸物件の契約者が大家さんに変わって、不動産屋に対して紹介料を支払っているということになるのです。礼金というのは、戦後の焼け野原で家の無い人達が「大家さん、家を貸してくれてありがとうございます」という、お礼の意味から始まりました。
東京や埼玉など関東を中心として礼金制度が広まり、その名残りとして現在でも残っているのです。"



<お役立ちガイド>一般的な礼金に必要な金額ブログ:191127

減量に効果的な運動には、
有酸素運動があります。

有酸素運動というのは、
ウォーキングやジョギングなどが代表的で、
ゆっくりと長い時間続けて運動できるものが含まれます。

でも、
有酸素運動を続けることは、
普段運動をしていない人にとっては、きついことです。
おいらも慣れるまで大変でした!

きついことをやって結果が出なければ、
馬鹿らしくなるという気持ちもわかります。

ところが…
目に見えないかもしれませんが、
実際には効果が出ていたはずなんですよね。

もし効果が出ていなかったとしたら、
ちょっと食べる事制限が甘かったのかもしれませんし…

有酸素運動をやっても、
なかなか効果が出なかった人は、
もとからの筋肉量が少なかったことに原因があるかもしれません。

筋肉というのは、おいらたちの身体の中で
最もエネルギーを使うところです。

ですから、
食べる事制限だけの減量を行うと、
真っ先に削り落していくのが筋肉なんです。

よく食べるのを制限するだけの減量だと、
すぐにリバウンドして、
次の減量でさらにつらくなる…と言いますよね?

理由は、
エネルギーを大きく使う筋肉がすり減ってしまい、
カロリー消費の効率が悪くなってしまうからなんです。

ですから、
有酸素運動もいいですが、
筋肉をつける運動も同時並行的に
行うと効果がもっと目に見える形で表れてきます。

例えば、
腰回しや腰回しなどを取り入れてみましょう。

別に筋肉痛になるくらいまで激しく行う必要はありません。
むしろ習慣づけることの方が重要!

筋肉をつけることによって、
カロリー消費の効率が上がります。

すると、同じ有酸素運動をやっても
消費されるカロリーが増えてくるんですよ。


このページの先頭へ戻る