"まず賃貸探しで最も大切なことは、不動産屋選びでありここで失敗をしてしまいと良い物件に出会うことが出来ません。
賃貸物件を多く抱えている不動産屋を選んで、親身になって考えてくれる従業員の元協力して探していくようにしてください。賃貸物件選びにおきましては、設定した家賃を高くするのは最終手段だという考えを忘れないで下さい。
不動産屋で「少々賃料が高くなりますがオススメです」と紹介してくれる物件は断固拒否をする姿勢で探していきましょう。

 

毎月の支払いに余裕をもっていれば話は違いますが、一度契約をした部屋の家賃というのは下がることはありません。
収入が減っても、家賃は変わりませんので、収入に見合った家賃の物件を選ぶようにしましょう。物件選びをしているどのタイプの方にも共通の注意点というものがあり、希望の家賃より高い物件は興味を示さないということです。
賃料の高い物件というのは、それだけ設備が充実していたり部屋数も多いことで目移りをしてしまうことに繋がってしまうのです。"



<お役立ちガイド>家賃設定を超える物件は見ないブログ:200210

我が家の料理は、父が作ります。

お母さんは日本人、父は中華系フランス人。
ボクが小さい頃、二人がそれぞれ料理を作っていました。

お母さんが作るのは和食中心。
基本は茹でる、焼く、煮る…
素材のそのままの味を楽しむと言えば聞こえはいいけれど、
実は料理がちょっぴり苦手なんです。

息子たちが巣立った後、
我が家のシェフは、父のみとなりました。

父が作るのはエスニック中心。
一般家庭ではなかなか食べない茹でた鳥の足先だって、
我が家ではお馴染みの家庭料理です。

父は料理が好きで、餃子も皮から作ります。
スーパーの食材売り場の散策が大好きで、
一日に何度も食材売り場に足を運んでいます。

父の料理の腕前は、
その辺のレストランよりも断然上です。
父特製の中華料理を食べたら、外では食べられなくなります。

我が家にお客さんを招待すると、
父はここぞとばかりに料理を振舞い、
皆舌鼓を打ちながら食べています。

父は、
皆に自慢の料理を振舞えるのが、
とても嬉しいようです。

また、ボクたち息子が実家に帰ると、
これも食べろあれも食べろと大盤振る舞い。
自分で作ってみておいしかったら、
たとえ前日に食べたとしても、ボクたちのために改めて作ってくれます。

そんな我が家の家庭料理は、
到底インターネットでも検索不可能です。
父の料理を作れるようになりたいけれど、
これがなかなか難しい…

まず調味料がわからない…
見慣れない調味料が多いんです。

作り方もまた難解。
「料理教えて」って頼んでみても、
なんとなくこれくらい…とか、味見しながらだよ…って、曖昧すぎる。

とりあえずボクは父譲りの料理のセンスはあるものの、
父の味を引き継ぐには、まだまだ時間がかかりそうですね。


このページの先頭へ戻る