"まず賃貸探しで最も大切なことは、不動産屋選びでありここで失敗をしてしまいと良い物件に出会うことが出来ません。
賃貸物件を多く抱えている不動産屋を選んで、親身になって考えてくれる従業員の元協力して探していくようにしてください。賃貸物件選びにおきましては、設定した家賃を高くするのは最終手段だという考えを忘れないで下さい。
不動産屋で「少々賃料が高くなりますがオススメです」と紹介してくれる物件は断固拒否をする姿勢で探していきましょう。

 

毎月の支払いに余裕をもっていれば話は違いますが、一度契約をした部屋の家賃というのは下がることはありません。
収入が減っても、家賃は変わりませんので、収入に見合った家賃の物件を選ぶようにしましょう。物件選びをしているどのタイプの方にも共通の注意点というものがあり、希望の家賃より高い物件は興味を示さないということです。
賃料の高い物件というのは、それだけ設備が充実していたり部屋数も多いことで目移りをしてしまうことに繋がってしまうのです。"



<お役立ちガイド>家賃設定を超える物件は見ないブログ:191213

お母さんが不眠症になった。
原因は、癌が見つかったからだ。

65年間大きな病気をしたことがなく、
また医者嫌いのお母さんは自分の病状の説明に怯えきった。

パートの仕事はすぐやめたが
お母さんは人生に絶望してしまっていた。

衣服を処分し、
手紙やアルバムの整理をはじめながら
「1年に一度くらい検診を受けておけばよかった」
と何度も繰り返した。

そして、
22時は眠れず不規則にうたた寝ばかりしている。
睡眠導入剤も処方してもらったが、
本人は「眠った気がしない」と不満げだ。

俺は
不眠症解消の本を何冊も買い求め、
軽いトレーニングをすすめ、音楽をきかせた。

香を焚き、温かいミルクをのませたり
瞑想をさせ、ツボ押しやマッサージもやってみた…

何をやってもこれといって効果はなかったけれど、
お母さんの精神状態は深刻なほど落ち込んでいるのだから
根気よく続けなければ…とあきらめなかった。

こちらまで不眠症になりそうな連日が続くなか、
俺は3日ほど出張しなくてはいけなくなった。

寝たきりの病人ではないから身の回りの心配はいらないが、
1日に一度は連絡をいれたい。
22時は遅くまで仕事があったので、
7時早くに電話をかけることにした。

ふだん電話などしないものだから新鮮だったのか
お母さんはいろいろと話しだした。

けれど、
俺は疲れていて相槌をうつのがやっとであった。
そうやって2時間ほどお母さんがしゃべるのをただ聞いていた。

翌日、また同じ時間に電話をかけると、
お母さんはすがすがしい声で「昨日ね、よく眠れたわ」と言った。

「たくさん話を聞いてもらって気がらくになったから」
返す言葉に詰まった俺の様子にお母さんは気づかず、
嬉しそうにしゃべりだした。


このページの先頭へ戻る